酵素水を使えば健康になれる|健康食品活用ナビ

このエントリーをはてなブックマークに追加

野菜を食べて体調を整える

野菜

不調は栄養不足が原因

日本人にとって野菜は、昔から食されてきた食べ物です。近年では肉や加工食品の数が増えています。そのため、野菜を食べることが少なくなり、野菜不足になる人が多くなってきています。野菜不足になると、様々な不調を感じるようになります。特に便秘や貧血などは、野菜が不足すると陥りやすくなる症状です。改善するためには、ビタミンや食物繊維を取り入れる必要があります。しかし、人の体はこの栄養を作ることができません。これらは野菜を食べることで、初めて栄養を得ることができます。そして、体の不調を感じたら、すぐに野菜を食べるようにしましょう。放っておいたら、今出ている症状の他にも、様々な病気が出てくる可能性があります。病気を予防するためにも積極的に食べましょう。

一人暮らしの簡単保存

野菜不足を解消するためにも、野菜を中心とした食事を考えたいところですが、一人暮らしの人には難しい所があります。仕事の都合で帰宅が遅くなった時は、料理をする時間がもったいないと感じてしまいます。そのため、野菜不足で便秘や貧血などになる人が多いです。野菜は下処理をするものがたくさんあるので、平日はなかなか手を出しにくいです。それを改善するためには、休日にあらかじめ切っておくのがおすすめです。あとは保存パックで冷凍しておき、仕事から帰ってきたらレンジで温めるだけです。冷凍保存は長い間保存できます。カボチャや小松菜、ピーマンなどは冷凍しても栄養が損なわれにくいです。とても簡単にできるので、野菜不足だと感じている人は試してみましょう。